キャッシュレス決済

楽天ペイの最もお得な使い方!支払い方法や還元率を徹底解説

アイキャッチ007(楽天ペイお得な使い方)
・いくつかあるスマホ決済で楽天ペイを使ってみたいけど楽天カード以外のクレジットカードも利用できるの?
・最も還元率の高いお得な方法は何だろう?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 楽天ペイの最もお得な支払い方法
  • 楽天ペイの還元率

私は楽天経済圏(楽天関連の各サービス)を利用して楽天ポイントを貯めています。もちろん楽天ペイも利用していますので、お得に楽天ペイを利用する方法を解説します。

あなたが楽天ペイの利用を検討しているなら初めての方もわかるよう使い方についても纏めていますのでぜひこの記事を読んでみてください。

楽天ペイを利用するうえで必要なもの

楽天ペイを利用するために必要なものは以下になります。

  • 楽天ユーザーID
  • 楽天ペイアプリ
  • クレジットカード

楽天ユーザーIDの取得

楽天ユーザーIDは楽天ペイに限らず楽天カード、楽天Edyなど楽天関連のサービスを利用するうえで必要になります。楽天会員登録は無料なので先ずは会員登録を行い楽天ユーザーIDを取得しましょう。

アイキャッチ008(楽天会員の登録方法)
楽天会員の登録方法を図解で説明|楽天会員のメリットとデメリット こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 楽天会員登録方法 楽天会員のメリットデメリット ...

楽天ペイアプリの登録

楽天ペイは、スマートフォンで支払いができるスマホ決済サービスの1つです。楽天ペイを利用するにはアプリを登録する必要があります。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

クレジットカードが必要

基本的に楽天ペイを利用するにはクレジットカードを登録して支払いを行います。

利用可能なクレジットカードや組み合わせのよいクレジットカードについてはこの後、詳しく紹介します。

楽天ペイの使い方

楽天ペイの使い方は以下の2種類になります。お店側がどちらに対応しているかで方法が変わります。

コード払いの操作

楽天ペイアプリに表示されるバーコードを提示して店員に読み取ってもらいます。主にコンビニなどがこの方法で手順も少なく簡単です。

  1. 楽天ペイアプリで「コード・QR払い」を選択
  2. バーコード/QRコードを提示して店員に読み取ってもらう
  3. 支払い完了
楽天ペイコード払い

QR払いの操作

お店にQRコードが置いていあり、楽天ペイアプリで読み取って金額を入力します。

  1. 楽天ペイホーム画面より「コード・QR払い」を選択
  2. 「QR読み取り」を選択
  3. QRコードをスキャンする画面が表示されるのでお店で提示されたQRコードを読み取る
  4. 金額を入力
  5. 確認画面でスライドしてお支払い 楽天ポイントや楽天キャッシュを使う時は、ここで設定
  6. 支払い完了
楽天ペイQR払い

楽天ペイの支払い方法について

楽天ペイで支払った金額の決済方法は以下の3つになります。

  • クレジットカード払い
  • 楽天ポイントで支払い
  • 楽天キャッシュで支払い

クレジットカード払い

楽天ペイではクレジットカードを登録のうえクレジットカード払いが基本的な利用方法になります。

楽天ペイで利用可能なクレジットカード

  • 楽天カード(VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス)
  • 楽天カード以外(VISAまたはMastercardのみ)

クレジットカード払いなので後払いとなります。

また登録するクレジットカードは3Dセキュア(本人認証サービス)の設定が必須 です。

「本人認証サービス」とは、インターネットショッピングの際に、クレジットカード情報に加え、あなた自身が設定した「本人認証パスワード」を入力し、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正使用を未然に防止するサービスです。

あなたが楽天ペイの利用を検討しているならこの機会にぜひ楽天カードを作ってみてはいかがでしょうか

楽天ペイへのクレジットカード登録方法

  1. 楽天ペイホーム画面より「お支払元」を選択
  2. 登録されているクレジットカードを選択
  3. 新規で登録する場合は「+新しいカードを登録」を選択
  4. 設定ボタンを押下
  5. 設定完了画面にて確認
楽天ペイ_カード登録

楽天ポイントで支払い

楽天ペイは楽天ポイントで支払いができます。通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも利用できるので期限切れでポイントを失効することも少なくなります。

また、楽天ポイントで支払ってもクレジットカード払いと同様の還元が受けれるのも魅力です。

楽天ポイントでの支払いは即時決済なのでお店での支払いと同時に利用した分のポイントが消化されます。

楽天ポイントでの支払い設定

  1. すべてのポインを支払いに充てたい場合、「すべてのポイント/キャッシュを使う」を選択
  2. 「設定ボタン」を押下
  3. —<ポイントを全て支払いに充てたい場合>—
    「すべて使う」を選択されているのを確認
  4. 次回もこの設定を使いたい場合はチェックする
  5. —<一部のポイントを支払いに充てたい場合>—
    「一部使う」を選択
  6. 支払いに充てたいポイント数を設定
  7. 次回もこの設定を使いたい場合はチェックする
楽天ペイ_ポイント払い

楽天キャッシュで支払い

楽天キャッシュとは楽天ペイで利用できる電子マネーです。楽天ペイにチャージする必要があります。

チャージする方法は以下の3つになります。

・楽天カードからチャージ

・楽天銀行からチャージ

・ラクマの売上からチャージ

チャージできるクレジットカードは楽天カードのみとなります。チャージできる銀行口座は楽天銀行のみです。ラクマとは楽天のフリーマーケットサービスです。

また楽天キャッシュは個人間送金が可能です。手数料は無料で、1回あたりの上限10万円、1カ月あたりの上限100万円、1円以上1円単位で送金可能。

楽天キャッシュでの支払いは即時決済なのでお店での支払いと同時に利用した分の楽天キャッシュが消化されます。

楽天キャッシュへのチャージ方法

  1. 楽天ペイホーム画面より「チャージ」を選択
  2. チャージする金額を入力
  3. チャージ方法(楽天カード、楽天銀行、ラクマ)を選択
  4. 個人間送金したい場合は楽天ペイホーム画面より「送る」を選択
楽天ペイ_チャージ

楽天ペイの還元率について

楽天ペイそのものの還元率は通常0.5%になります。

国のキャッシュレス・消費者還元事業の期間やキャンペーン期間中は還元率が変わりますのでご注意ください。

国のキャッシュレス・消費者還元事業の期間である2019年10月~2020年6月は以下の還元率になります。

中小・小規模店舗が経営する対象の直営店 5%
中小・小規模店舗が経営する対象のフランチャイズチェーン店舗 2%
その他の店舗 0.5%

期間は終了しましたが2020年1月1日から3月2日9時59分までのキャンペーン期間中は、楽天ペイの還元率は全店舗で実質5%でした。

キャンペーン第2弾は3月2日に終了予定ですが、同様の内容となるキャンペーン第3弾の実施が見込まれています。

楽天ペイ5%キャンペーン

またクレジットカード払いにすると楽天ペイそのものの還元(0.5%)以外にクレジットカードの還元が受けれます。楽天カードなら1%の還元になるので楽天ペイの還元と合わせて合計1.5%の還元になります。

楽天ペイ、楽天カードの組み合わせの場合

楽天ペイの還元率 0.5%(通常)~5%(消費者還元事業5%店)
クレジットカードの還元率 楽天カードの場合は1%
合計 1.5%~6.5%

楽天ペイをお得に利用する方法

より有効に楽天ペイを利用して楽天ポイントをためる方法をご紹介します。

楽天ペイと楽天カードを組み合わせる

楽天ペイとの相性のよいクレジットカードといえば楽天カードになります。

楽天カードの還元率は1%と他のクレジットカードと比べても高く、年会費も永年無料なのでぜひ持っておきたいクレジットカードです。

楽天ペイで楽天カード払いとすることで楽天ペイと楽天カードのポイント2重取りができます。

ポイントはいづれも楽天ポイントなので楽天経済圏を利用するなら必須のクレジットカードになります。

楽天ヘビーユーザーでなくてもネットショッピングで一度は楽天市場を利用したことがあるのではないでしょうか?楽天カードを持っていると楽天市場でのポイントが2倍になります。

あなたが楽天ペイの利用を検討しているならこの機会にぜひ楽天カードを作ってみてはいかがでしょうか

年会費永年無料の楽天カード

 

楽天ペイを利用できるところは必ず利用する

楽天ペイも楽天カードもキャッシュレス決済という意味では現金を使わず簡単に決済できる便利さは同じです。

ただしより多くの楽天ポイントを貯めるなら楽天カード単体で支払いするのでなく、楽天ペイ+楽天カードの組み合わせでポイントを2重取りしましょう。

楽天ペイに対応していないお店での支払いの場合だけ楽天カード単体で支払いしましょう。

楽天ペイのキャンペーンを有効利用する

楽天ペイでは様々なキャンペーンが行われています。

また楽天ペイに限らず楽天ポイントカード、楽天Edyといった各楽天サービスが対象のキャンペーンも含めるとかなりの数になります。

積極的にキャンペーンを利用して楽天ポイントをザクザク貯めましょう。

楽天ペイおよび各楽天サービスのキャンペーンの特徴は以下となります。

  • 他社の〇〇ペイに比べ、圧倒的なキャンペーン数
  • キャンペーン数が多いほど楽天ポイントを獲得できる機会も増える
  • 数が多すぎて自分の生活環境で有効となるキャンペーンを探すのが大変
  • エントリーが必要なキャンペーンが多い

メリットは圧倒的なキャンペーンの数です。逆に多すぎることで何がいいのか選ぶのが大変というデメリットもあります。

ファミリーマートではポイント3重取りも可能

ファミリーマートでは楽天ポイントカードを提示すると200円につき楽天ポイントが1ポイント付与されます。

  • 楽天ペイによる 0.5% (消費者還元事業対象店の場合、2%もしくは5%)
  • 楽天カードによる 1%
  • 楽天ポイントカードによる 0.5%

ポイントの3重取りが可能となります。

楽天ペイでSuicaの利用が可能

楽天ペイとSuica(JR東日本のICカード)の連携が2020年春に予定されています。

連携により楽天ペイアプリがあればSuicaの利用が可能になります。

但し、「おサイフケータイ機能」のあるアンドロイド携帯のみ対応となります。

楽天ペイとSuicaが連携されることによるメリットは以下になります。

  • 楽天ペイアプリからバーチャルSuicaを発行できる
  • 楽天カードからバーチャルSuicaにチャージできる
  • チャージした分については楽天スーパーポイントが貯まる

楽天スーパーポイントがより貯まりやすくなりますね。

あなたが楽天経済圏を利用しているなら今まで楽天関連のサービスに無かった交通系の分野も利用できることになります。

但しSuica、およびモバイルSuicaの機能が全て利用できるわけではありません。

以下の機能は利用できないのでご注意を。

  • オートチャージの利用
  • 定期券の購入
  • Suicaグリーン券の発行

楽天ペイ利用における注意事項

楽天ペイの良いところをご紹介してきましたが注意するべき点も幾つかあります。

セルフペイは間違うと対応が面倒

楽天ペイには「セルフ」という自分でお店を検索し、金額入力のうえ支払う方法があります。手順は以下になります。

  1. 支払うお店を検索
  2. 金額を入力
  3. 確認画面で確定

手順はそれほど難しいわけではないのですが、次のリスクがあります。

  • 利用するお店を間違える
  • 金額を間違える

これらを間違えた場合は取消しの依頼をカスタマーセンターに連絡する必要があり面倒なので注意しましょう。

利用金額には上限がある

楽天ペイは利用金額に上限があるので注意しましょう。

  • 1回の利用金額の上限は50万円
  • コンビニでの1回の利用金額は4,000円

まとめ

楽天ペイはクレジットカードを紐付けクレジットカード払いするのが基本的な使い方になります。

クレジットカードは楽天カードが最も相性のよい組合せになります。

楽天ペイで楽天カードを利用するメリット

  • 楽天ペイと楽天カードのポイント2重取りが可能
  • 楽天キャッシュ、Suicaにチャージできる唯一のクレジットカード
  • 楽天経済圏(楽天関連の各サービス)を利用するならポイントを楽天スーパーポイントに集約し効果的にポイントの獲得が可能

楽天ペイを利用するならこれを機会に楽天カードを作成してみてはいかがでしょうか

楽天カード公式サイト