ポイ活

楽天ポイントスクリーンWeb版とアプリの違い|Web版を利用するケース

アイキャッチ019(楽天ポイントスクリーンWebとアプリ)
こぶたくん
こぶたくん
・楽天ポイントスクリーンのスマホアプリとWeb版って何が違うの?
・Web版を利用するメリットは?

こういった疑問を解決できる記事になっています。

なぜなら私は毎日、楽天ポイントスクリーンを利用して楽天ポイントを貯めているからです。実際にスマホアプリとWeb版をどちらも使用してみたのでそれぞれの特徴を説明します。

本記事の内容

  • 楽天ポイントスクリーンの使い方
  • 楽天ポイントスクリーンのアプリとWeb版の違い

楽天ポイントスクリーンは広告をみるだけで簡単にポイントを獲得できるお得なサービスです。

アプリだけでなくWeb版もありますのでこの記事を読み終えれば、あなたに合った使い方がわかりますよ。

楽天ポイントスクリーンとは

まずは楽天ポイントスクリーンについて理解しましょう。

楽天にはポイントを貯めれるアプリがいくつかありますがその中でも一番簡単にポイントを獲得できるアプリが「楽天ポイントスクリーン」です。

通常、楽天ポイントを獲得するにはお買い物を楽天カードで支払う必要があります。

支払い額に対して1%がポイントとして還元されます。1000円の買い物をした場合、10ポイントの獲得になります。

楽天ポイントスクリーンは買い物など関係なくアプリで広告を見るだけで楽天ポイントが獲得できます。

1000円の買い物に相当する10ポイントなら2日で獲得できますよ。

楽天ポイントスクリーンでポイントを獲得する方法は以下になります。

  • 広告をタップしてポイントを獲得
  • ラッキーコインを集めてポイントを獲得
  • 「楽天ミニバイト」や「ポイント貯まるコーナー」でポイントを獲得

楽天ポイントスクリーンの機能と使い方

スマホアプリ版になりますが楽天ポイントスクリーンの使い方、ポイントの獲得方法についてはこちらの記事をご覧ください。

アイキャッチ018(楽天ポイントスクリーンアプリの使い方)
楽天ポイントスクリーンアプリの使い方|簡単に毎月180ポイント獲得 こういった疑問を解決できる記事になっています。 なぜなら私は毎日、楽天ポイントスクリーンを利用して楽天ポイントを貯めている...

楽天ポイントスクリーンのWeb版

楽天ポイントスクリーンにはWeb版もあります。

Web版といっても利用できるのはスマホのみです。

パソコンでは利用できないのでご注意くださいね。

Web版と言っても使い方、ポイントの獲得方法はアプリと同じですよ。

Web版の利用はこちらからご利用ください。

楽天ポイントスクリーンWeb版

楽天ポイントスクリーン アプリとWeb版の違い

スマホアプリ版とWeb版では何が違うのでしょう。

やはり気になるのはポイント獲得機能の違いですよね。

ポイント獲得機能で比較

ポイント獲得機能の比較表になります。

アプリ Web
広告をタップしてポイント獲得
ラッキーコインでポイント獲得 ×
楽天ミニバイトでポイントを獲得
ポイント貯まるコーナーでポイント獲得

Web版ではラッキーコイン機能がありません。

ポイントの獲得を優先するならすべてのポイント獲得機能が利用できるアプリ版をお勧めします。

操作性について比較

アプリ版とWeb版の操作方法は基本的に同じです。画面構成のほぼ同じです。

楽天ポイントスクリーン画面比較

Web版では広告一覧の表示数を見やすいように変更が可能です。画面赤枠の切替ボタンをクリックすることで広告の表示を1列、2列に切り替えます。

楽天ポイントスクリーンWeb画面

ポイント獲得には関係ないですがWeb版には最新ニュースを閲覧できる機能があります。

楽天ポイントスクリーンWebニュース

楽天ポイントスクリーンWeb版を利用するケース

アプリとWeb版に操作性の違いはありません。ただし、ポイントを獲得においてはラッキーコイン機能が使えるのでアプリのほうがお得です。

ではWeb版はどのようなケースで使用するのでしょう。

それにはアプリについてiPhoneとAndroidの違いを理解する必要があります。

アプリの特徴:iPhone

iPhoneアプリはバッテリー消費の影響もなく全てのポイント獲得機能が利用できます。

あなたのスマホがiPhoneならWeb版でなくアプリの使用をお勧めします。

アプリの特徴:Android

Androidアプリはバッテリーの消費が早いデメリットがあります。

その原因はAndroidではスマホのロック画面解除時に広告を見る設定になっておりバックグラウンドで常時アプリが動いてる状態になるためです。

これを避けるにはアプリの設定で「待ち受け表示設定」があるのでこの機能をオフにすることもできます。

「待ち受け表示設定」ON、OFFそれぞれの特徴は以下になります。

待ち受け表示設定ON 待ち受け表示設定ON
バッテリー消費 早い 少ない
広告タップ ロック画面解除時に表示されるのでポイントの取りこぼしが少ない アプリを開いて広告をタップする。ただし毎回「待ち受け表示設定」オンにしないとタップできないので広告タップ後に毎回オフに戻す必要がある
ラッキーコイン 利用可能 利用可能

バッテリーの消費が気にならない人はAndroidアプリを使用し「待ち受け表示設定ON」にしてください。

楽天ポイントスクリーンWeb版を利用する

あなたのスマホがAndroidでバッテリーの消費が気になるならWeb版を利用してはどうでしょう。

Web版はブラウザの利用なのでバッテリーの消費は気にしなくても大丈夫です。

ただしポイント獲得機能の「ラッキーコイン」は利用できません。

漏れなくポイントを獲得したいなら「ラッキーコイン」はアプリで獲得する必要があります。

ラッキーコインは「待ち受け表示設定」オフのまま利用できますよ。ただし広告タップはアプリ、ラッキーコインはWeb版という使い分けが必要になります。

まとめ

楽天にはポイントを貯めれるアプリがいくつかありますがその中でも一番簡単にポイントを獲得できるアプリが「楽天ポイントスクリーン」です。

楽天ポイントスクリーンにはアプリとWeb版があります。

アプリとWeb版でのポイント獲得機能の比較は以下になります。

アプリ Web
広告をタップしてポイント獲得
ラッキーコインでポイント獲得 ×
楽天ミニバイトでポイントを獲得
ポイント貯まるコーナーでポイント獲得

Web版ではラッキーコイン機能がありません。

ただし、アプリについてはiPhoneとAndroidで違いがあります。

Androidはバッテリーの消費が早いデメリットがあるので、あなたのスマホがAndroidでバッテリーの消費が気になるならWeb版を利用してはどうでしょう。